コンテンツ

最近の記事

月別 アーカイブ

山陽小野田市市議会議員 高松ひでき

エアコン設置へ急加速

2018年10月23日 22:13 高松ひでき 記す

 

10月16日14時からに行われた全員協議会で藤田市長より市内全小中学校へのエアコン設置を早いところで来年の7月初旬から稼働できる状態にすることを目指すという方針が報告されました。

そもそも私が6月定例会で「小中学校のエアコン設置について」と一般質問で取り上げた時の答弁は「必要性は感じているが財政的に・・・・・」というどちらかというと消極的な答弁だったのですが、その後の日本列島を襲った熱波による子どもの死亡事故もあり世論が沸騰、国会まで動かす事態になったこともあり、9月定例会では、急遽、補正予算としてエアコン設置に係る調査委託料1,296万円が計上されました。

この事さえも異例なのですが、この調査委託料とは買取にするのかリースにするのかそれともPFIなのか、熱源は電気なのかガスなのか、金額はそれぞれの学校でいくらかかるかなどの調査で、先行して取り組んでいた宇部市などの自治体はこの手続きを済ました上で実施設計に入る予定です。

つまり調査委託料を議決しても、行政的な手続きを考えれば最短で2年から3年はかかるものですが、この10月の全員協議会での説明は、「(この調査委託料の)必要な額を設計委託料(実施設計)に流用させたい。事業方式もリースではなくて購入としたい」というもので、スピード重視のいわば一般的な行政手続きを超越したものです。

この発表の際におもわず拍手を・・と思いましたが、市長がクールに説明を行うので機会を逸しました。

それにしても国の補助金(1/3)があるにしても総額7億6500万円の事業を僅かな期間で決断したことには敬意を表するものです。

考えられる今後の障壁は、工事等の業者の確保と物品の確保でしょう。

全国的に品不足が見込まれます。山口県だけ見ても宇部市、下関市、美祢市、山口市をはじめ多くの自治体が急速に事業を進めています。

議会も最大限の協力をせにゃいかんと考えます。

 

「議会カフェ」が開催されます

2018年10月17日 15:14 高松ひでき 記す

 

昨年の改選後から3回目の開催となる「議会カフェ」が10月24日から31日まで行われます。

内容は議会報告会ですが、報告に重点を置くのではなく市民と議員がざっくばらんにお茶でも飲みながらいろいろな話をしようという事で企画されています。

敷居が高いと思われがちな議会報告会ですが、議会も試行錯誤しながらより良い報告会になるように努力をしています。

興味のある皆さんもあまり興味のない皆さんも一度来場されてみてはいかがですか。

http://www.city.sanyo-onoda.lg.jp/site/sigikai/gikaihoukokukai-kaisai.html

山口東京理科大学薬学部建設費の随意契約に違和感?

2017年2月25日 10:42 高松ひでき 記す

理科大学 (2)

山口東京理科大学薬学部B棟建築主体工事の入札が2月3日に行なわれ、嶋田工業・ヘキムラ興業JVが21億円で予定価格超過、五洋建設・長沢建設JVが17億2200万円、西松建設・富士産業JVが17億円で二つのJVとも最低制限価格未満となり失格となりました。

直ちに失格者を排除して再入札を行ったところ、嶋田工業・ヘキムラ興業JVは辞退をしました。

この様な場合は、後日再び入札が行うものですが、市は地方自治法施行令167条の2第5項の「緊急の必要により競争入札に付することができないとき」を根拠に随意契約に持ち込みました。

その結果、五洋建設・長沢建設JVと西松建設・富士産業JVで見積もり合わせが行われ、西松建設・富士産業JVが16億9000万円で契約をすることになりました。

 

市民感覚からすると16億9000万円という巨額な金額で随意契約されたことに違和感が生じても不思議ではないように思います。

 

ここで気になる点は、入札時の最低制限価格以下の価格で随意契約を交わすことが適正かどうかです。

予定価格との差額(約3億6000万円)を他で有効に使えるメリットはありますが、最低制限価格が設定されている理由は、安さだけを求める契約のみを良しとするものではなく、「適正価格で契約する」という概念があります。

「公共工事の品質確保の促進に関する法律(平成17年法律第18号)」の観点から見ると、それより下回る金額で施工すると成果品の質が確保できなくなる懸念が生じる可能性があります。

 

また、入札に参加をした3つのJVではなく、失格となった2JVだけで見積もり合わせを行ったことが適正だったのか意見の分かれるところではないでしょうか。

更には、なぜ両社とも同じように最低制限価格を割ってしまったのか?

何故両社の応札額の差が僅かなのか?

単なる積算違いなのか?

今回の入札はいろいろ疑問の残るところです。

 

最後まで読まれたらクリックをお願いします!!

全国ブログランキング

只今17位です

政治ブログブログランキング参加用リンク一覧

山口東京理科大学ギリギリの建設日程か?

2017年2月10日 12:59 高松ひでき 記す

28475

写真右側の5階建て建物2棟と隣接する小さめの建物が薬学部の新築予定の物件です。(右側が宇部方面)

下の図面ではグレーの部分になります。

281475

予定より大幅に遅れ、先日A棟、B棟の建設主体工事の入札が行われました。

A棟は嶋田工業・ヘキムラ興業JVが20億1千万円で落札。西松建設・富士産業JVが17億8千万円で最低制限価格未満のため失格、五洋建設・長沢建設JVが無効という結果になっています。

B棟は嶋田工業・ヘキムラ興業JVが21億円で入札書比較価格超過。西松建設・富士産業JVが17億円で最低制限価格未満のため失格、五洋建設・長沢建設JVが17億2千200万円で同じく最低制限価格未満のため失格となり、不調に終わっています。

市は以前より市内業者に建設を発注すると約束をしていましたので、結果的には約束守られた格好になりました。

A棟の契約締結には議会の同意が必要ですので、2月13日に臨時会が開かれる予定となっています。

今後はB棟の建設業者についての決定方法がどのように行われるのか注目されるところです。更に1か月遅れの3月定例会での議決になる見通しです。

山口東京理科大学の薬学部の開校は平成30年4月です。

その開校時に学生たちが平穏に勉学に打ち込める環境を作ることは行政の果たすべき使命ですが、業者にとって相当厳しい工期であることは間違いないでしょう。

 

最後まで読まれたらクリックをお願いします!!

全国ブログランキング

只今33位です

政治ブログブログランキング参加用リンク一覧

魂を燃やせ 滝理事長

2017年1月20日 11:36 高松ひでき 記す

DSC_2904

先日、小野田青年会議所の新年会がありました。早いもので私も卒会して17年になりました。

DSC_2906

小野田青年会議所は1963年に設立され、滝君は第55代理事長だそうです。今年度は会員15名スタートで少しばかり寂しい気はしますが、人数の少なさを気概でカバーしてくれることでしょう。

DSC_2907

今年度スローガンは「HEAT UP~情熱を持ち、魂を燃やせ~」このスローガンのとおりの活動を期待しています。

 

最後まで読まれたらクリックをお願いします!!

全国ブログランキング

只今21位です

政治ブログブログランキング参加用リンク一覧

救急車のタクシー代わりの実態調査へ

2017年1月 5日 11:12 高松ひでき 記す

image

救急車の出動数が増え続ける中、総務省消防庁は、タクシーの代わりに出動を要請するなど必要性が低い利用の実態を調べる方針を固めた。不急の出動を減らすなど、効率的な運用につなげる。2018年にも始める。
15年の救急車の出動数は10年前より1割以上増えて、初めて600万件を超えた。タクシー代わりや軽い症状で利用する例も含まれているとみられるが、詳細なデータはない。出動の要請が増えると、遠くの消防署から救急車が駆けつけることになり、現場到着が遅れる懸念がある。
このため、消防庁は今年度から統計の見直しに着手。自治体や専門家の意見を踏まえ、現場の救急隊が緊急性が低いと判断したケースのうち、無料であることが目的▽医療機関で優先的に診てもらうことが目的▽受診できる医療機関がわからなかったことによる要請▽軽いけが――など、9項目に当てはまるものを「必要性が低い」と位置づけて集計する。項目の内容は必要に応じて改定する。(朝日新聞1月3日)

 

救急車を呼ぶことさえためらう人が多い中、常習的に救急車をタクシー代わりに利用する人たちも少なからずいるようです。

全国的な事例では「子供が蚊に刺されたとか、それとか海水浴に行って日焼けして足がひりひりするとか、ヘルパーを呼んだが来てくれないから、1週間前から便秘が続いている等々の理由で救急車を呼ぶ住民の方もおられる」(平成27年8月定例会議事録)

また、記事にあるように救急車は無料であることだけではなく、救急車で搬送されることにより待ち時間なしで診察してもらえることなども不正利用の原因になっています。

 

こういう事態が頻発すると、救急車の台数は限りがあるため重篤患者など本当に救急を必要とする人に重大な影響を与えかねません。

しかし、現状では救急車の要請があった時に消防署が救急車の必要性を正確に判断することは不可能です。そうなると必ず出動しなければならないという事になります。

 

通報がかなり悪質な場合には偽計業務妨害罪(刑法第233条)や消防法違反(消防法第44条第20号)に問われることになりますが、実際の適用はハードルが高いでしょう。

このようなことから数年前から救急車の有料化の議論があります。

有料化には相当の議論の積み重ねが必要ですが、不正利用を排除するために誰もが納得でき、公平な利用ができるような方針を迅速に定めるべきです。

最後まで読まれたらクリックをお願いします!!

全国ブログランキング

只今38位です

政治ブログブログランキング参加用リンク一覧

議員報酬についての公開勉強会をカフェ形式で開催します

2016年11月15日 16:26 高松ひでき 記す

スクリーンショット (17)

明日、11月16日(水)19時より山陽小野田市港町にあるコミュニティCAFEandリカーショップ ワカヤマでやまぐち未来創造会議による公開勉強会「議員報酬を考える」を開催します。

公開ですので誰でも参加オッケーでお茶やコーヒーしか出ませんが無料でなおかつ、くだけた雰囲気での開催を予定しています。

テレビや新聞では何かと話題の議員さんの報酬ですが、いくらもらっているのか?どうやって誰が決めているのか?給料とは違うのか?など意外とわからないことだらけです。

やまぐち未来創造会議では、報酬についての基本的なところから勉強していき、参加者がそれぞれの考え方の中で結論的なところを見出せればよいと考えています。

予定人数が30名と限られていますが、わが町を考える一助になればとの思いで開催をします。

最後まで読まれたらクリックをお願いします!!

全国ブログランキング

只今14位です

政治ブログブログランキング参加用リンク一覧

議員定数が22名に決定

2016年11月 3日 11:03 高松ひでき 記す

スクリーンショット (12)

議員定数を議論していた「議会のあり方調査特別委員会」では、「理想は25名」としながら市民迎合的な議員定数22名で決着を見ました。そして9月28日の9月定例会本会議において賛成多数(反対1名)で山陽小野田市議会議員定数条例の改正案が可決されました。

定数論については過去このブログに何回となく記述しましたので差し控えますが、唯一気になった点は、本会議での反対討論の際に議員から「現状20名でやっている。どのような影響があったのか?何の問題もなく議会や委員会が開かれている」と述べたことです。

この議員は現在は22名のところ2名の欠員で20名になっている。この20名でやれているから22名の必要はないという事でしょう。

なんとも現状認識の甘さや危機感のなさにはあきれ返る気がします。その甘さこそが市政に多大な影響を及ぼしかねないことを気付かれてない事でしょう。

 

また「監視機能、政策立案機能が低下することはない」とも述べています。

議会が執行機関の追認のみを行うのであれば議員数をどんどん減らせばよいのです。しかしそれでは議会の存在意義はないに等しいのです。また、政策立案機能が低下することはないと堂々と述べていますが、今期の議会での議会提案条例制定数はゼロとなっています。

更に先日まで行われていた議会報告会での市民の参加人数は最低を記録しています。この議会報告会は条例に位置付けられたもので、市民に対して説明責任を果たす大事な会のはずです。

その議会報告会に市民を呼ぶことさえできていないのです。

そしてこの反対討論の最後には「人数が少なくともやる気があればできる」と根性論まで持ち出す始末です。

この様な議会であれば市長が本会議において、議会ではなく市民に向けて語り掛けるようとするも無理はないと思われます。

最後まで読まれたらクリックをお願いします!!

全国ブログランキング

只今17位です

政治ブログブログランキング参加用リンク一覧

本会議最終日に議案の撤回

2016年9月28日 12:16 高松ひでき 記す

DSC_2796

本会議最終日の冒頭に市長より議案撤回の請求があった。

撤回される議案は合計8本で「学校給食センター整備事業(建築主体・付帯工事)請負契約の締結について」や「物品の購入(調理機器)」など学校給食センター関連のすべての議案についてである。

撤回の理由は、この事業が国の交付金対象事業として採択される見込みで、そうなれば約2億9千万円の交付金が下りてくる。その際に契約締結後、つまり最終日の議決後では交付金対象とはならないというもの。

予定通りにいけば、10月中に交付決定がおり、その後速やかに臨時会を招集し、議会の議決を求めたい意向らしい。

もちろん撤回された議案はすべて適正に入札が執行されており、再提出後も問題なく議決される見込みである。

 

この件に関して本会議場では3名の議員しか質疑を行わなかったが、この様な申し出に際しては事前の全員協議会が開催されたはずなので、その際に質疑が集中し、一定のガス抜きが行われたと思われる。

 

おそらく議会側からすると委員会審査を終了し、委員会議決まですまして本会議の議決を残すのみとなった段階での議案の撤回には少なからず反発があったと容易に想像できる。

その証拠に撤回承認後に「計画的な市政運営を求める決議」を提出している。その内容は委員会で可決した後の撤回は議会軽視にあたる、また、審査を急がせたり度重なる臨時会の招集は計画的な市政運営とは言えないとのことだ。

確かに議会からするとイレギュラーな状況だろうが、市民からすれば議会と執行部の確執はさほど関係ない。

何よりも大事なのは、市民の利益になるかどうかの一点に過ぎない。

 

最後まで読まれたらクリックをお願いします!!

全国ブログランキング

只今30位です

政治ブログブログランキング参加用リンク一覧

婚活事業が始まります

2016年8月19日 16:08 高松ひでき 記す

23212

23210

山陽小野田市主催の婚活事業「カップリングパーティー」が9月25日(日)にソルポニエンテで開催されます。

この「カップリングパーティー」は婚活事業なので真剣に結婚相手を見つけるために開催されます。

 

市では平成25年10月から平成26年にかけて「出愛い、今でしょ」と称して若者交流推進事業が行われていました。

当時は議会でも事業名は違えど婚活事業との認識でいましたが、市の見解は「婚活というよりも若者の出会いやそのきっかけづくりといった、若者のさわやかな交流の場を市として広く提供することを目的とする」というもので、本会議場でも「この事業は出会いの場を提供する若者の交流事業でございます。婚活ではございません」との答弁を繰り返したのを思い出します。

 

更に、予算上は民間への委託事業にもかかわらず、市長を会長とする実行委員会を組織して運営させたことに対して異論が噴出しました。

 

その時の委員会での報告は「実行委員会の市民公募者も70歳以上で、事業に対しての委員会の年齢構成等そぐわないので、当初計画していたように委託すべきではないか」との意見がございました。それに対して、執行部からは「若い人の意見もということで今後は検討する」との御答弁がございました。また、「結婚まで行くのかどうか」と聞くと、「これは個人的な問題だからと調査はしない」とのことで、「何のための事業かわからない」との質疑に対し、「ある程度回数を経ながら、参加された方の意見を聞きながら進めていきたい」との答弁がございました。

結局、「平成25年の10月から、ことし27年の3月まで計12回にわたって実施をしてきたところですが、その事業手法等についてさまざまな御意見や見直しが求められる中で、これを謙虚に受け止め、平成27年度におきましては、一旦休止をし、行政として取り組み手法等について再検討を行うことといたしました。」との結論となり、大きく方向転嫁をして今回のプロポーザル方式での民間への委託事業となっています。

 

さんざん迷走をした結果の婚活事業ですが、予算総額100万円と言えども税金を投入する以上、結果が重視されます。

今回の委託決定した業者は市内業者でありながら山口県や県内各自治体で実績があるようなので結果が楽しみです。

 

最後まで読まれたらクリックをお願いします!!

全国ブログランキング

只今21位です

政治ブログブログランキング参加用リンク一覧